なめくろ館

メニュー

ヒルコの村

2346 views

ヒルコの村 作/ 鈴木 智

この物語は「死と向き合う」ことがテーマの物語です。主人公は物語の開始時点ですでに死んでおり、彼が残した日記の記録を辿ることで、彼が死と向き合うまでの道程を追う、という構造になっています。黒澤明監督の映画「生きる」に着想を得た物語です。今読み返すと作者自身、表現が至らなかった部分が多く感じられますが、中心で扱ったテーマや、表現は、普遍的な価値が込められていると判断したので公開することといたしました。この物語の中では、多くの知的障害者や身体障害者・発達障害や精神疾患患者を想起する表現が使われていますが、差別的意図は一切ありません。「魂の無垢」を表現する、伝統的な手法を採用したつもりです。分かりにくい物語ではありますが、モヤモヤと想っていただけたら幸いです。


Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 死への有限の道。対して人の想像力は無限。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)